2011年04月22日 17時30分 UPDATE
ニュース

NEWSデル、高可用性ファイルシステムを搭載した中小規模向けNASストレージ

デルが中小規模向けのNASストレージを販売開始した。iSCSIストレージアレイと組み合わせることで、ブロック/ファイル単位でのアクセスを単一プラットフォームで可能にする。

[TechTargetジャパン]

 デルは4月21日、NASストレージソリューション「PowerVault NX3500」を販売開始した。PowerVault NX3500は、デルのiSCSIストレージアレイ「PowerVault MD32x0i」「PowerVault MD36x0i」と組み合わせることで、iSCSIによるブロックアクセス、NFSやCIFSによるファイルアクセスを単一のプラットフォームで可能にする。

photo PowerVault NX3500

 PowerVault NX3500はコントローラー2基、バックアップ電源ユニット1基、Dellストレージアレイの3つコンポーネントで構成される3Uサイズで、可用性に優れたファイルシステム「DSFS(Dell Scalable File System)」を搭載するNAS製品。バックエンドストレージのPowerVaultMDシリーズと連携することで、単一のファイルシステムで物理容量192Tバイトまで拡張可能。さらにスナップショットや非同期レプリケーション、NDMP(Network Data Management Protocol)バックアップ対応といったデータ保護機能を備えている。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | Dell(デル) | NAS | アベイラビリティ


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...