2011年04月22日 20時54分 UPDATE
ニュース

NEWSシマンテック、スキャン時間を大幅に短縮したウイルス対策製品のパフォーマンスを披露

2011年夏以降にリリース予定の企業向けエンドポイントセキュリティ製品に関する説明会を開催。ファイルスキャン時間を短縮する技術を解説した。

[TechTargetジャパン]

 シマンテックは4月22日、企業向けエンドポイントセキュリティ製品の最新版「Symantec Endpoint Protection 12」(SEP 12)に関する技術説明会を開催。ファイルのフルスキャンを行うデモンストレーションを交えながら、2011年夏以降にリリース予定の同製品と現行製品(SEP 11)のパフォーマンスの違いを解説した。

 SEPは、PCなどのエンドポイント環境をウイルススパイウェアなどから保護する統合セキュリティ製品だ。SEP 12は、「Insight」と呼ぶレピュテーション技術の搭載で、脆弱性を狙うマルウェアの検知・防止機能を強化。同社が挙げるSEP 12の特徴3点(セキュリティ向上、パフォーマンス強化、仮想環境の保護)のうちの1つがInsightによる高いセキュリティ能力としている。

 同日の説明会では、SEP 12の特徴の2点目である「Insight搭載によるパフォーマンスの向上」を紹介した。SEP 12では、Insightの搭載でセキュリティ機能を強化しただけでなく、Insightのスキャンの仕組みにより、ファイルスキャン時間を短縮し、タスク実行時の負荷も軽減するという。

 Insightは、同社および同社のユーザーから得た情報から、信頼できるファイルを解析。ホワイトリストとしてファイルのハッシュ値を同社のデータベースに格納する。SEP 12は、データベース情報と一致するファイルをスキャン対象から外してスキャンするため、余計なファイルをスキャンする時間を省略できる仕組みだ。一度データベースに格納されたファイルでも、更新されれば再度解析(スキャン)対象となり、スキャン対象の取りこぼしもない。

alt Insightによるスキャンレスの仕組み

 同一スペック(OS:Windows 7 Enterprise、CPU:Intel Core i5 2.53GHz)のPCで、SEP 11とSEP 12によるフルスキャンをそれぞれ実行したところ、SEP 11はスキャン時間が19分だったのに対し、SEP 12はスキャンが5分で終了した(Insightが無効の場合は約17分)。

 Insightを使ったスキャンは、設定画面でON/OFFも可能。ホワイトリストの範囲も同社の解析のみと、ユーザー企業からの情報を含む場合との2パターンから選択できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...