Loading
2011年04月25日 00時00分 UPDATE
PR

仮想化事業継続ソリューション「PlateSpin Forge」災害対策としてバックアップ、二重化、ディザスタリカバリを1台で実現

PlateSpin Forgeは、仮想化技術を応用して複数のサーバをバックアップし、迅速にリカバリできるアプライアンスである。その活用方法を、企業ユーザーへの導入事例4件を題材として見ていこう。

[TechTargetジャパン]

 ノベルが販売する「PlateSpin Forge」(以下、Forge)は、WindowsサーバやLinuxサーバを数台から十数台規模で活用する企業ユーザーにとって興味深いソリューションだ。仮想化技術を応用し、複数のサーバの内容を仮想マシンの形でバックアップする。サーバに障害が発生した場合は、物理/仮想を問わず任意の環境にリストアし、ブートすることで、迅速なリカバリが可能となる。

 さらにForgeは、Forge上で仮想マシンを稼働させることが可能だ。つまり、Forgeは単なるバックアップ機器というだけではなく、待機系を備えたサーバ二重化ソリューションを手軽に構築できる機器でもある。遠隔地にForgeを設置してWAN回線でバックアップを取ることで、ディザスタリカバリシステムとしても活用できる。企業ユーザーへの導入事例4件を題材として、その活用方法を探ってみよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「ノベル株式会社」に収集される
  • 「ノベル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「ノベル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:ノベル株式会社

提供:ノベル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部