2011年05月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ERP Now!【第7回】ERP、次の常識は超高速統合システムか

複数のシステムを組み合わせて稼働させるERPシステムの常識が変わりつつあります。大手ベンダーは複数システムを最適な形で組み合わせた統合製品に注力しています。ERPの将来の姿を考えてみましょう。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 企業の会計や人事、在庫などを管理するERPシステムは複数のシステムで構成することが一般的です。つまりERPパッケージが稼働するサーバの他、データベースサーバ、アプリケーションサーバ、ストレージシステムなど複数のシステムを組み合わせることで、高信頼で高速なERPシステムを作り上げているのです。しかし、そのERPシステムの常識が変わりつつあります。

 将来のERPシステムは超高速なERP向けの統合システムで稼働している可能性が高いといえるでしょう。ここでいうERP向けの統合システムとはERPパッケージとデータベース、ミドルウェア、ストレージなどのシステムを最適な形で統合したアプライアンスです。

統合システムをアプライアンスで提供

 この流れを推し進めているのは、ERPパッケージで最大手のSAPと、Oracle(オラクル)です。SAPジャパンは2010年12月に「真のリアルタイム性を実現する」と銘打った新製品「SAP HANA」を発表しました。HANAはメモリ上にデータベースを展開するインメモリデータベース技術を基盤にすることで高速な処理を実現するアプライアンス製品です。インテルのXeonプロセッサーに最適化されていて、主にデータ分析(OLAP)に高いパフォーマンスを発揮します。HANAはヒューレット・パッカードやIBM、富士通、デル、シスコシステムズのサーバに搭載され、アプライアンスという形で提供されています。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...