2011年05月13日 21時00分 UPDATE
ニュース

NEWS業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア、IBM

日本IBMが業務の重要性に応じてストレージの処理能力を分配するハイエンドストレージ向けのファームウェアを発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は5月13日、業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア「DS8000 I/O Priority Manager」を販売開始した。同社のディスクストレージ最上位機種「IBM System Storage DS8000シリーズ」向けに提供する。

 DS8000 I/O Priority Managerは、業務(アプリケーション)の重要度のレベルを4段階で指定でき、重要度の高いものから優先的に処理能力を分配する。同社によると、この機能を活用することで、複数の業務が同時アクセスする際の処理スピードの低下を防ぎ、重要度の高い業務の処理速度を向上できるという。

 また、DS8000シリーズでは、ストレージの自動階層化機能「IBM System Storage Easy Tier」によって、使用頻度の高いデータをアクセス速度の速い媒体に保持してきた。DS8000 I/O Priority Managerと組み合わせることで処理能力のより柔軟な分配が可能になり、業務の効率性向上を支援するという。

 DS8000 I/O Priority Managerの販売価格は、1Tバイトのストレージ容量当たり92万1400円(税別)。6月3日に出荷を開始する。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | IBM(アイ・ビー・エム) | RAID | サーバ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...

news018.jpg

メイドインジャパン製品が好き過ぎるアジアの都市は?――トランスコスモス調査
トランスコスモスは、アジアの主要10都市におけるオンラインショッピングの利用実態を調...

DACがテンセントと戦略的パートナーシップを締結
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはTencent IBGと戦略的パートナーシップの締...