2011年05月13日 14時00分 UPDATE
ニュース

NEWS:生産管理もクラウドで――日立グループの業務向けクラウドサービス購入サイト

中小企業でも手が出る価格のクラウドサービスが登場。会計から生産管理、在宅勤務まで、多様なサービスを1つのサイトで購入できる。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 日立情報システムズと日立電子サービスは2011年5月13日、Web上のオープンなマーケットプレース「MINONARUKI(みのなるき)」を開設した。

 日立グループ全体のクラウド体系である「Harmonious Cloud」に即したグループ内の各種クラウドサービスだけでなく、グループ外のベンダーによるサービスも提供していくという。

現在既に提供されているものは、具体的には、

  • 個別受注型生産管理パッケージ「TENSUITE Sシリーズ」(日立情報システムズ)
  • 化学物質管理ツール「ChemicalMate」(日立情報システムズ)

などのほか、SaaS型会計システム、メールシステム、顧客管理システムなど、60以上の業務アプリケーションがある。

 利用者はMINONARUKIサイト上で画面イメージなどが確認でき、無料トライアル提供サービスについては、事前に確認したうえで購入できる。共通のマーケットプレース経由で購入するため、必要なアプリケーションを選択したのちに一括で決済できる利点もある。

 今後は、「Harmonious Cloud」を推進する日立製作所、日立情報システムズ、日立電子サービス、日立ソリューションズの4社が共同で、各社のSaaS/クラウドサービスを「MINONARUKI」を通じて紹介・拡販する。並行して「MINONARUKI」にサービスを出品するベンダー企業も随時募集するという。

個別受注型生産管理パッケージ「TENSUITE Sシリーズ」の機能概要 個別受注型生産管理パッケージ「TENSUITE Sシリーズ」の機能概要

関連ホワイトペーパー

生産管理


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。