2011年06月07日 21時00分 UPDATE
ニュース

NEWSデータセンターの消費電力を最大30%削減 NECのサーバ/ストレージ新製品

NECが省電力性を強化したIAサーバ製品群とストレージ新製品群を発表した。データセンターやオフィスの空調などのファシリティも含めた消費電力を最大30%削減できるという。

[TechTargetジャパン]

 NECは6月6日、省電力性を強化したIAサーバ製品群「Express5800シリーズ」5機種、SAN(Storage Area Network)対応ストレージ製品群「iStorage Mシリーズ」2機種の販売を開始した。

 サーバの新製品は、1Wayタワー型「Express5800/GT110d」、1Wayスリム型「同GT110d-S」、1Way水冷スリム型「同GT110d-S(水冷)」、1Wayラック型「同R110d-1E」「同E110d-1」の5機種。インテルの省電力プロセッサー、変換効率90%以上の基準を満たす「80 PLUS Gold」認定を受けた電源の採用により、消費電力を従来比で最大26%削減できるという。また、メモリ容量を従来比2倍となる32Gバイトまで増設でき、性能面の向上も図った。

photophoto 左から「Express5800/GT110d-S」「Express5800/GT110d-S(水冷)」「Express5800/GT110d」。ラック型サーバ「Express5800/R110d-1E」(上)、「Express5800/E110d-1」(下)

 さらに、筐体内部の温度センサーと連携する冷却ファン回転数の制御などにより、搭載部品の温度上昇を抑えられる。その他、運用管理機能「EXPRESSSCOPERエンジン3」を標準搭載し、電力の可視化やサーバの消費電力上限のより細かい設定が可能になった。

 ストレージの新シリーズは、性能や拡張性を重視した「iStorage M100」と、コストを抑えて導入容易性を追求したストレージ「同M10e」の2機種。同社によると、運用管理用チップや電源などをサーバ製品と共通化し、これまでサーバ開発で培われた技術を活用することで、電力の可視化や省電力運用を実施できるという。また、利用しないバックアップディスクなどの電源を自律的に停止させる「MAID」機能を標準搭載している。さらに、複数のI/O処理をまとめて高速に処理する「RAIDアクセラレータ」を新たに搭載して、従来機比で2.2倍の性能向上を図った。

photophoto ストレージ製品群。「iStorage M10e」(左)、「iStorage M100」(右)

 同社によると、これらの新製品はサーバが従来比で最大26%、ストレージが最大50%の省電力化を実現しているという。また、一般的な動作環境温度(35℃)を5℃上回る40℃に対応し、データセンターやオフィスの空調などファシリティも含めた消費電力を最大30%削減できるとしている。

新製品の価格と出荷時期
製品名 希望小売価格(税別) 出荷時期
1Wayタワーサーバ「Express5800/GT110d」 8万9400円〜 6月30日
1Wayスリムサーバ「Express5800/GT110d-S」 10万4800円〜 6月30日
1Way水冷スリムサーバ「Express5800/GT110d-S(水冷)」 14万6700円〜 6月30日
1Wayラックサーバ「Express5800/R110d-1E」 18万2000円〜 6月30日
1Wayラックサーバ「Express5800/E110d-1」 13万8000円〜 6月30日
iStorage M10e 55万8000円〜 6月29日
iStorage M100 94万7000円〜 6月29日

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...

news039.jpg

「MovableType.net」が追加費用なしで常時SSL化に対応
シックス・アパートは2016年6月23日、「MovableType.net」においてWebサイトの常時SSL化...