2011年06月13日 20時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通、中堅規模病院向けの電子カルテ新製品を販売

富士通が、病床200床までの中堅規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」の販売を開始した。地域医療ネットワークと連携し、地域内での医療サービスの向上や災害時での医療連携を支援する。

[TechTargetジャパン]

 富士通は6月13日、中堅規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」の販売を開始した。富士通の大規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」をベースに開発しており、病床200床までの病院向け電子カルテシステムの新製品。同社のSaaS(Software as a Service)地域医療ネットワーク「HumanBridge」と連携して他の医療機関とネットワーク経由で診療情報の共有が可能だ。同社によると、地域内での医療サービスの向上や大規模災害時の医療連携を推進できるという。

photo HOPE/EGMAIN-LX画面《クリックで拡大》

 HOPE/EGMAIN-LXは、紙カルテの厚みを視覚的に表現する「ヒストリカルビュー」、各種ビュワーを一画面に表示する「マルチカルテビューア」などの機能を搭載。また、インデックスや付せん、利用者にカスタマイズできるナビゲーションマップなどで情報の参照性を向上させ、お気に入りボタンといった入力補助機能も活用できる。

 HOPE/EGMAIN-LXではオーダリングや電子カルテ、看護支援などのシステムを段階的に導入できる。販売価格はハードウェア、ミドルウェア、アプリケーションパッケージ、その他導入に必要なセットアップ費用や操作指導などのサービス費用を含み、3500万円から(税別)。

 富士通では今回の新製品の提供により、既存の電子カルテシステムと併せて大規模から小規模まで全ての規模の病院向けに機能と操作性を統一した電子カルテ製品を提供できるとしている。同社はHOPE/EGMAIN-LXについて、2012年3月末までに200システムの導入を目標に掲げている。

関連ホワイトペーパー

電子カルテ | 富士通 | ミドルウェア | SaaS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...