Loading
2011年06月16日 00時00分 UPDATE
PR

DTXケーブルアナライザー製品リポートつながってさえいれば良い? LAN配線には伝送帯域を保障するための“決まり事”がある!

LANの伝送性能が100%引き出されない理由の1つに配線システムの問題がある。そこで役立つのが配線システム規格と、それに定められる配線性能要件を確保するためのツールだ。

[TechTargetジャパン]

 インターネット接続とイントラネット環境が当たり前となった現在、オフィスビル、データセンター、官公庁舎や学校、倉庫、工場など、あらゆる建物内に通信配線システムが敷設されている。当初は接続できるだけで十分だったが、業務のネットワーク依存が加速したことで、高速かつ安定した接続環境は必須条件となった。

 こうした接続環境の品質は、通信配線システムの敷設段階で決定してしまう。そして、この段階で失敗してしまうと、後々に再工事の費用が掛かったり、通信トラブル時の責任を全て負うことになるなどの災難に見舞われる。

 この難題を回避するには、標準規格「JIS X5150」などに準拠した配線システムを構築することと、敷設時に希望のパフォーマンスが確実に出ているかどうかをテストすることが必要だ。

 その両方をかなえて配線システムを成功へと導くのが、フルーク・ネットワークスの「DTXケーブルアナライザー」だ。

提供:フルーク・ネットワークス

提供:フルーク・ネットワークス
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部