2011年07月06日 09時00分 UPDATE
info Center

真価が問われている企業の省電力対策待ったなし! 低消費電力型ITシステムへの変革

今後予想される深刻な電力不足の問題は、企業のデータセンターの将来に大きな影を落としている。さらなる低消費電力化を進めなければならない今こそ、電力消費に最もインパクトがある冷却対策を見直すべきだ。

[ITmedia]

注目記事

Coolcentric「水冷式冷却ソリューション」

高密度化するデータセンター冷却対策の限界

高密度化が進むデータセンターでは従来型の空冷方式による冷却には限界があり、ITシステムの省電力化を進める担当者を悩ませている。


関連ホワイトペーパー

技術文書

冷却効率を極限まで高めるデータセンター設計

今日、多くのデータセンターが抱えている最も大きな無駄の1つである冷却。熱密度の問題に対処するために運営者が取ってきた従来の方法では、費用や効率の面で限界に達しつつある。


導入事例

水冷か? 空冷か? 米大学が選んだ最適な冷却ソリューションとは

大学の研究機関としては世界最大規模の分散コンピューティングシステムを所有している米パデュー大学では、新たにデータセンターを増設するに当たり、より高い冷却能力と配電性能を求めていた。