Loading
2011年07月07日 20時00分 UPDATE
PR

IT活用でBCP実現と省電力化推進を支援「3つの視点」で取り組むこれからの企業システム運用

東日本大震災を契機にシステム運用に対する考え方が変化してきている。さまざまな対策方法がある中、IT部門はどのような思想で事業継続体制を敷くべきか。

[ITmedia]

 東日本大震災により、運用手順が属人化していたり、人員も含めた全体の稼働状況が見えないシステム運用は、事業継続のネックになることが分かった。また、企業システムの省電力化は、真剣に向き合わざるを得ない課題となった。

 こうした経験を踏まえ、企業ではBCP(事業継続計画)への意識が高まっている。また、外部データセンターへのアウトソーシング、クラウドコンピューティング活用についても、従来の「コスト性」だけでなくBCPの観点から有効性を捉え直す傾向が出ている。

 今、企業システムを守るIT部門はどのような思想の下でシステム運用に取り組み、事業継続体制を敷くべきか。統合システム運用管理「JP1」を提供する日立製作所(以下、日立)によると、BCP実現のためには「3つの視点」が必要だという。以降で詳しく見ていこう。

提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部