2011年07月20日 14時10分 UPDATE
ニュース

NEWSNTTPC、拡張性に優れた法人向けモバイル端末ソリューション

スマートフォンやタブレット端末の紛失・盗難対策に加え、セキュアリモートアクセス、二要素認証などのセキュリティ機能や端末の一元管理機能などを提供する。

[TechTargetジャパン]

 NTTPCコミュニケーションズは7月20日、法人向けに提供するモバイル端末ソリューション「Master’sONE タブレットモバイルソリューション」を発表。同日より提供を開始した。

 Master’sONE タブレットモバイルソリューションは、社内ネットワークへのセキュアな接続を実現する「Master’sONE セキュアリモートアクセスプロトコルフリー接続サービス」や「Master’sONE セキュアモバイル定額通信サービス」を基本とするソリューション。iOS、Android 2.2以降搭載のモバイル端末向けに、暗号化ワンタイムパスワード機能、カスタマーコントロール機能、モバイル端末あんしんサービス(盗難・破損対策)の機能を提供する。

 9月1日以降、オプションとして「スマートデバイス管理機能」「シンクライアントサーバ機能」「機体認証機能」の3機能を追加する。これらの各機能を組み合わせることで企業は、スマートフォンタブレット端末などを企業導入する際に障壁となる紛失・盗難対策や端末認証など、さまざまなセキュリティ課題を解決できるという。

画像 Master’sONE タブレットモバイルソリューションの概要

 スマートデバイス管理機能は、紛失・盗難時に役立つ機能だ。リモートロック・ワイプ、パスコード削除の他、管理者の運用負荷を軽減するため、アプリケーション制限やネットワーク設定(制限)など、遠隔操作で端末内の利用制限やステータス確認ができる。導入設定時に、複数の端末にセキュリティポリシーを一斉準拠させることも可能だ。提供開始は9月1日。価格は1ID当たり、月額315円。

 シンクライアントサーバ機能は、タブレット端末からPCのWindowsアプリケーションを利用可能にしたり、自席PCとのファイル同期を実現する機能だ。端末にデータを保存しないため、在宅勤務時などの情報漏えい対策として有効だとしている。提供開始は9月1日、価格は1ID当たり月額1800円(100ID以上で利用の場合)。

 機体認証機能は、管理者が認定した正規の端末のみを情報システムにアクセス可能とする機能だ。Master’sONE タブレットモバイルソリューションの標準機能であるワンタイムパスワード機能と組み合わせれば、二要素認証を実現する。提供は2011年秋以降を予定している。価格は未定。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...