2011年08月10日 17時20分 UPDATE
ニュース

NEWSベリサイン、SSLサーバ証明書にマルウェア対策機能を無償追加

9月以降、SSLサーバ証明書を利用する企業は、無償でVeriSign Trust Sealの機能を利用できる。有効期間は短期から最長5年まで、より柔軟に選択可能となった。

[TechTargetジャパン]

 日本ベリサインは8月9日、SSLサーバ証明書の機能強化を発表した。SSLサーバ証明書にVeriSign Trust Sealの機能を無償バンドル。同社のSSLサーバ証明書を利用(もしくは新規申し込み)するユーザー企業は、設定画面「ベリサインストアフロント」で該当項目にチェックを入れることで、VeriSign Trust Seal機能を利用可能となる。

 同社はこれまでも、大規模(複数のSSL証明書を利用する)Webサイト向けに、無償でVeriSign Trust Seal機能を適応してきた。今回の機能強化で、同社のSSL証明書を利用する全てのWebサイトが対象となる(※編注)。

編注:2011年9月27日

未定となっていた機能強化の適応開始日が決定いたしました。

【適応開始日】

 2012年1月下旬(当初予定:2011年9月上旬)


 追加するVeriSign Trust Seal機能は、マルウェアの検知・リポートが可能な「マルウェアスキャン」と、Web検索結果にサイトの安全性を証明するベリサインのマークを表示する「シールインサーチ」の2点。シールインサーチはサイト訪問者に安全性をアピールする機能であり、シマンテックの「ノートン インターネット セキュリティ2011」「ノートン 360 バージョン 5.0」、AVGのウイルス対策ソフト、ソースネクストの「ウイルスセキュリティ」をインストール済みのクライアントでWeb検索をした場合に機能する(対象ブラウザ:Internet Explorer/Firefox/Lunascape、検索サイト:Google/Yahoo! Japan/Bing/BIGLOBEサーチ)。

画像 シールインサーチの適用イメージ

 同社は1996年の設立以降、SSLサーバ証明書やEV SSL証明書などの認証技術を提供してきた。今回、SSL証明書にVeriSign Trust Sealという付加価値を追加したことで、「Webサイト運営企業には自社サイトの信頼性向上を、サイトを訪問するユーザーにはより高い安心感を提供できる」(同社)としている。

 同日にはまた、SSL証明書の有効期間についても拡充を発表。キャンペーンサイト向けの短期から、3、4、5年単位の長期まで柔軟に選択可能とした。

関連ホワイトペーパー

SSL | サーバ | マルウェア | 検索


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活...

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...