2011年08月22日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の知りたいにベンダーが答える!一歩進んだサーバ仮想化管理

コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。サーバ仮想化運用管理における課題の解決策を、仮想化のプロが提案する。

[ITmedia]

サーバ仮想化の運用管理に不安を抱いている企業への提案

TechTargetジャパンでは2011年5〜6月、サーバ仮想化運用管理に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:物理リソースのサイジングと構成管理

課題2:物理リソースと仮想マシンの統合管理

課題3:バックアップ手順やデータ転送経路の設計



サーバ仮想化運用管理のコンテンツ

CA Technologies

読者の仮想化導入後の課題に答える! CA Technologiesが提案する仮想化管理と自動化ソリューション

仮想化導入後の課題として、多くの企業が関心を寄せる物理リソースのサイジングや構成管理、そして物理リソースと仮想マシンの統合管理。一般的な仮想化移行のステップを例にとりCA Technologiesの仮想化管理ソリューションが実現するハイブリッド環境での統合運用管理について紹介する。


株式会社 日立製作所

【仮想環境スムーズ運用モデル】最適な仮想環境を維持する運用管理のご提案

仮想化導入でサーバ統合はできたが、導入後は障害対応への不安など、運用管理の面では様々な問題が発生する。最適な仮想環境を維持するにはどうしたら良いのだろうか。


クラウド運用管理のコンテンツ

株式会社 日立製作所

【プライベートクラウドモデル】ビジネスのスピードアップとコスト削減を実現するシステムのご提案

現在、評価段階から導入段階へと移行し始めているクラウド。ビジネスの効率運用につながるサーバやストレージなどのITインフラの管理だけでなく、安定したサービスを継続的に利用者へ提供するためのクラウド運用を紹介する。


読者調査結果リポート

サーバ仮想化管理に関するアンケート調査リポート

読者に聞いた、仮想化の統合運用管理ツールの魅力と懸念

コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。今回TechTargetジャパンでは、統合運用管理ツールに関するユーザーの意識調査をすべく、コンセプトテストを実施した。


関連コンテンツ

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【最終回】

サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか

サーバ仮想化環境のバックアップはそれほど難しい作業ではない。しかしサーバを仮想化によって集約しているために、思わぬコストが発生する可能性があるので注意が必要だ。


仮想化管理ツールのトップ10(後編)

仮想化の高度な管理で役に立つ、無料/有料ツール5選

携帯電話によるWebインタフェースを使った、物理/仮想サーバを監視、管理できるツールや、ローカルストレージを共有ストレージに転用し、iSCSIでアクセスすることができるツールなどを紹介する。