2011年08月24日 13時35分 UPDATE
ニュース

NEWSチェック・ポイント、最大1Tbps対応のデータセンター向けセキュリティゲートウェイ

セキュリティゲートウェイ製品に、ファイアウォールスループット1Tbps対応予定の「Check Point 61000」と、同100Gbpsの「Check Point 21400」を追加した。

[TechTargetジャパン]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは8月23日、大規模環境向けのセキュリティゲートウェイ製品「Check Point 21400」と「Check Point 61000」を発表した。両製品ともに既存のゲートウェイ製品と比較して大幅に性能を向上。データセンターや通信事業者、クラウドインフラ業者など、広帯域のネットワークトラフィックやデータ量を扱う環境に最適化した。

 Check Point 21400は、50〜100Gbpsのファイアウォールスループットと最大21GbpsのIPSスループットを実現するアプライアンス製品。低遅延が求められるトランザクション処理に最適とし、冗長電源を備えるなど、可用性と保守性に優れるという。また、これまでのゲートウェイ製品とは異なり、Software Bladeの各種機能を標準搭載する。

 Software Bladeは、各種セキュリティ機能をソフトウェアモジュールとして提供形態を示す。機能としては、以下12種類をラインアップする。

  • ファイアウォール
  • VPN
  • IPS
  • Identity Awareness
  • アドバンスネットワーキング
  • アクセラレーション&クラスタリング
  • Mobile Access(同時ユーザー数5)
  • アプリケーション制御
  • URLフィルタリング
  • アンチウイルス&マルウェア
  • アンチスパム&電子メールセキュリティ
  • DLP(情報漏えい防止)
alt Check Point 21400

 Check Point 61000は、最大12のセキュリティモジュールを増築可能なセキュリティシステム。ファイアウォール/IPSスループット200Gbpsを実現し、2012年には最大1Tbpsまで拡張予定としている。さらに最大同時接続数7000万、毎秒60万セッション数をサポートするなど、マルチトランザクション環境に対応できるパフォーマンスを確保した。

 構成するセキュリティモジュールは、10GbE×6ポートの「SSM60」と10GbE×8/40GbE×2ポートの「SSM160」から選択できる。

alt Check Point 61000

ネットワークセキュリティ性能を定量的に把握できる指標「SecurityPower」を定義

 今回の新製品がどれほどの性能を発揮するのか、それを示す指標として同社では新たに策定した「SecurityPower」を提示した。実環境のトラフィックとそこで発揮するセキュリティ機能などを参考に製品性能SecurityPower Units(SPU)を算出し、参考として、既存の同社製品と今回の新製品のSPUを示した。

alt 各製品のSPU指数比較

 SPUの算出時に定義される実環境とは、近年企業でも利用比率が向上しているHTTPのパケットを7割近くとし、その他SMTPやHTTPSを混在したネットワーク環境だという。なお、現在は同社製品のSPUのみ示したが、今後は他社製品との性能比較においてもSPUを活用していきたいとしている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

インターネット広告PMP取引市場規模、2021年には約3倍に――サイバーエージェント子会社が予測
サイバーエージェント子会社のAJAは国内PMPの市場動向調査を実施。その結果を発表した。

news025.jpg

電通ダイレクトフォース、コマース機能付きインタラクティブ動画を制作できる「EICHI ビデオコマース」を提供
電通ダイレクトフォースは、コマース機能を実装したインタラクティブ動画を制作・配信で...

news019.jpg

電通など3社、Instagram動画広告の制作・配信ソリューションを提供
電通デジタルと電通、TWIN PLANETの3社は、「Instagram」の動画広告を制作・配信するソリ...