2011年09月13日 15時10分 UPDATE
ニュース

NEWSEMC、企業のリスク管理活動を支援する「RSA Archer eGRC Platform」

EMCジャパンは、企業のGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)活動を支援する新製品を発表。10月3日に販売を開始する。

[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは9月13日、企業のGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)活動を支援する製品「RSA Archer eGRC Platform」(以下、RSA Archer)を発表した。10月3日に販売を、11月7日に出荷を開始する。

 RSA Archerを使用することで企業は、さまざまなリスク管理やコンプライアンス対応を、組織全体で共通プロセスの基に実施可能となる。担当者はダッシュボードを通じて状況を常時把握でき、ビジネス状況に応じたリポートを生成できる。経営陣から見るリスクの識別や優先付け、影響度の見極めが容易になるという。

 同社によると、近年企業が対応すべきリスク項目は、グローバル事業展開に伴う事業展開国での法律・規制要件、温暖化防止などの環境要件、高度化・巧妙化するサイバー攻撃への対応、自然災害対策など多岐にわたる。一方で対策となるGRC活動は事業部門単位で管理指針を定め、各部門専用のツールを使用したり手作業で運用するなど、状況を容易に把握できていないのが現状だという。RSA Archerの導入により、ガバナンスとリスク管理、およびそれらの運用を確認するコンプライアンスを一気通貫で効率的に実施可能にするとしている。

 また、RSA Archerであれば付加機能として、業務プロセスに沿った管理機能を追加することも可能だ。既にGRC活動が先行している米国を中心に、金融機関、製造、通信、医薬製薬、政府公共機関などの業種で300件以上の採用実績があるという。

 参考価格として挙げられたのは、米国ニューイングランド州の金融企業で、導入時には、2000ユーザーで約1700万円(税別)掛かった。導入効果として、コンプライアンス関連コストを97.5%削減したという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

TAGGY、リターゲティング広告の配信最適化に特化した「おもてなしDSP」を発表
ディスプレイ広告事業を営むTAGGYは11月28日、リターゲティング広告の配信最適化に特化し...

news107.jpg

GMO、「お名前.comメールマーケティング」の提供を開始
GMOインターネットは11月27日、属性設定や効果測定などメールマーケティングに必要な機能...

news004.jpg

第48回 赤ちゃんにアクションカメラを付けたら「ママ、ありがとう」という声が聞こえてきた。――おむつブランド「Huggies」韓国
おむつブランド「Huggies」が、韓国で暮らすお母さんと赤ちゃんにアクションカメラを装着...