2011年10月04日 20時05分 UPDATE
ニュース

NEWSNECビッグローブ、Android向けのコンテンツ配信SaaSを提供開始

NECビッグローブは、Android端末向けのコンテンツ配信を支援するSaaSを提供開始した。配信機能や会員情報管理機能といった基本機能を備えるのに加え、携帯電話事業者が提供する課金サービスを利用可能にしたのが特徴だ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 NECビッグローブは10月4日、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末向けのコンテンツ配信業務を支援するSaaS(Software as a Service)を提供開始した。音楽や動画、ゲームといったコンテンツやアプリケーションの配信機能を、ネットワーク経由で利用できる。サービスプロバイダー向けに、サーバ構築や運用の手間をかけることなく、自社独自のコンテンツ配信サービスを開始できる点を訴求する。

 サービスの名称は、「BIGLOBE Contents Director」。コンテンツやアプリケーションの配信機能や、ユーザー認証機能を備えた会員情報の管理機能といった、配信サービスに必要な基本機能を網羅した。

 携帯電話事業者の課金サービスをコンテンツ利用者に対する課金に利用できるのが特徴。現時点で利用できるのは、KDDIとNTTドコモが提供する課金サービス。両社の課金サービスの利用には、各事業者との契約が別途必要となる。そのほか、米GoogleがAndroid Marketで提供するアプリケーション内の課金サービスも、2011年12月以降に利用可能にする。

 新サービスは、NECが2011年7月に提供開始した企業向けコンテンツ配信サービス「Contents Director」のサービス事業者向けバージョンを、NECビッグローブが提供するものである。1ユーザー当たりの利用料金は、データ容量20Gバイトまでの場合で初期費用が105万円、月額利用料金が21万円から。2012年度末までに200社への導入を目指す。

画像 BIGLOBE Contents Directorのサービス構成図(図は同じサービスであるNECの「Contents Director」の説明資料より抜粋、クリックで拡大します)
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...