2011年10月05日 00時00分 UPDATE
info Center

今こそ取り組みたいERPのグループ展開

大企業だけでなく、中堅・中小企業でもグループ展開、海外展開は必須の時代だ。その展開を加速させるのがERPパッケージ。どのような機能が求められるのか。読者調査からその必須条件が見えてきた。

[ITmedia]

ERPのグループ利用を検討している企業への提案

TechTargetジャパンでは2011年7月、ERPのグループ利用に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:グループ子会社の海外展開に向けてERPを導入したい

課題2:企業はERPのライセンス、年間保守のコストを下げたい

課題3:ERPによる業務標準化、効率化に加えて、売り上げや利益への貢献も期待したい


ERPのグループ利用についてのコンテンツ

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社

「現場視点+最新ERP」――グループ経営、IFRS対応の鍵を探る

大企業だけでなく全ての規模、業種の企業が取り組もうとしているグループ経営。昨今ではグループ利用可能なERPの検討はコスト削減のためには避けて通れない。その際に鍵になるのは現場視点を備えたERPだ。


アプリソ・ジャパン株式会社

ERPの製造&グローバル展開を成功させる方法について考える

製造企業におけるグローバルでのERP導入は、難しい。ERPではカバーしきれない製造実行管理(MES)+物流実行管理(LES、WMS)機能と連携させることにより、グローバル&複数拠点のERP導入を成功させる方法とSAP連携事例を紹介する。


読者調査結果リポート

ERPのグループ利用に関するアンケート調査リポート

海外グループ展開に統合ERPは必須か――読者調査結果が示す新トレンド

2011年7月に実施したERP利用についてのアンケート。調査結果からはERPのグループ利用に関する新しいトレンドが見えてくる。調査結果の概要を紹介する。