2011年10月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

MicrosoftとGoogleのビッグデータ計画【後編】Google Fusion TablesでGoogleが示すビッグデータ活用の未来

後編ではGoogleのビッグデータ活用サービスを紹介。Google DocsやGoogle Mapとの連携で、ビッグデータの先進的な活用方法を示している。

[Roger Jennings,TechTarget]

Google Baseは過去のもの

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOいわく、「実際のところ、MicrosoftとGoogle以外に、ビッグデータを扱える企業はない」。前編「Microsoftのビッグデータ投資の成果がいよいよ形に」では、Microsoftが提供するビッグデータ活用ソリューションの詳細を紹介した。後編ではGoogleのサービスを紹介しよう。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...