2011年10月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

MicrosoftとGoogleのビッグデータ計画【後編】Google Fusion TablesでGoogleが示すビッグデータ活用の未来

後編ではGoogleのビッグデータ活用サービスを紹介。Google DocsやGoogle Mapとの連携で、ビッグデータの先進的な活用方法を示している。

[Roger Jennings,TechTarget]

Google Baseは過去のもの

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOいわく、「実際のところ、MicrosoftとGoogle以外に、ビッグデータを扱える企業はない」。前編「Microsoftのビッグデータ投資の成果がいよいよ形に」では、Microsoftが提供するビッグデータ活用ソリューションの詳細を紹介した。後編ではGoogleのサービスを紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...