2011年10月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

MicrosoftとGoogleのビッグデータ計画【後編】Google Fusion TablesでGoogleが示すビッグデータ活用の未来

後編ではGoogleのビッグデータ活用サービスを紹介。Google DocsやGoogle Mapとの連携で、ビッグデータの先進的な活用方法を示している。

[Roger Jennings,TechTarget]

Google Baseは過去のもの

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOいわく、「実際のところ、MicrosoftとGoogle以外に、ビッグデータを扱える企業はない」。前編「Microsoftのビッグデータ投資の成果がいよいよ形に」では、Microsoftが提供するビッグデータ活用ソリューションの詳細を紹介した。後編ではGoogleのサービスを紹介しよう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...