2011年10月11日 19時34分 UPDATE
ニュース

NEWSiPhoneユーザーは個人情報の共有に寛容? NTTレゾナントの調査結果から

NTTレゾナントは、スマートフォン利用者のプライバシー意識に関する調査結果を公表。調査結果からは、Androidユーザーに比べて、iPhoneユーザーはプライバシー情報の公開に寛容であることが明らかになった。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 NTTレゾナントは10月11日、「スマートフォンにおけるプライバシー意識」に関する調査結果を公表した。iPhoneとAndroid搭載端末という2種類のスマートフォンのユーザーに対して、個人名や位置情報といったプライバシー情報の公開に対する意識を調査した。

 スマートフォン上のアプリケーションやサービスにおいてプライバシー情報を公開している人は、回答者の44.1%に上った。所有端末別では、プライバシー情報を公開すると答えたAndroidユーザーは38.2%だったのに対して、iPhoneユーザーでは49.5%と、iPhoneユーザーの方がプライバシー情報の公開に寛容である、という傾向がうかがえる。

 iPhoneユーザーとAndroidユーザーとの間で、なぜこうした差が生じるのか。これに関する直接の考察は調査結果にはないが、同時に実施したアプリケーションの利用状況に関する調査結果がヒントとなりそうだ。調査では、iPhoneユーザーはAndroidユーザーに比べ、ゲームやソーシャルツールといった、個人情報を入力する機会が比較的多いアプリケーションの利用率が高いという結果が出た。一方のAndroidユーザーは、検索やニュースといったアプリケーションを利用する人が多い。

 調査ではプライバシー情報を公開する理由についても聞いており、「交友関係が広がるから(36.9%)」「特に理由はない・結果的に公開していた(27.1%)」「自分を知ってもらいたいから(26.9%)」といった理由が上位となった。一方、プライバシー情報を公開しない人は、「トラブルが不安だから(63.2%)」「誰が見ているか分からないから(49.7%)」「公開するメリットが分からないから(46.4%)」といったことを、公開しない理由として挙げている。

 調査は、同社のインターネット調査サービスである「goo リサーチ」の登録モニターのうち、iPhoneかAndroid搭載スマートフォンを所有する人を対象に2011年5月30日〜31日にかけて実施し、1573人の有効回答を得た。回答者の内訳は、iPhoneユーザーが52.4%、Androidユーザーが47.6%。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。