2011年10月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Google Appsの企業利用を考える【第3回】Google AppsをNotes、Exchange、サイボウズと比較する

Notes、Exchange、サイボウズといった主要グループウェアとGoogle Appsは何が違うのか。他社製品の優れた機能を挙げるとともに、「生まれの全く異なる」Google Appsの優れた点を紹介する。

[飛鋪武史,日本技芸]

Notes、Exchange、サイボウズは何が優れているのか

 連載第1回「Google Apps for Businessのコストと機能、そして気になるセキュリティ」と第2回「Google Apps for Businessの「使いづらさ」を解決する手段」で、Google Apps for Businessの豊富な機能や販売代理店などからの購入の仕組みは理解いただけたと思う。しかし、製品選定をする上で、Google Apps for Businessが他社製品と比較してどうなのかは気になるところだろう。まずは筆者が考える他社グループウェアの優れている点を整理しよう。

製品名 優位点
IBM Lotus Notes/Domino(以下、Notes) 業務部門のユーザーでも簡単に作成できるデータベースやワークフロー
Microsoft Exchange Server(以下、Exchange) Officeスイートおよびマイクロソフトのサーバ製品との柔軟な連携・統合。強力なマクロを使えるExcel
サイボウズガルーン/サイボウズOffice 日本の企業風土にマッチしたグループカレンダーやワークフロー

 これら他社製品の優位点は、残念ながらGoogle Appsには標準では実装されていない機能といえる。その他、グループウェアというプロダクトを世に知らしめたNotes、それを国内の中小企業にも広げたサイボウズ、1人1台のPC環境を推進したExchangeOutlookといったそれぞれの功績はとても大きい。これらの製品を1990年代に導入した企業は、間違いなく先見の明があったといって差し支えないだろう。

Google Appsは何が優れているのか

 Google Appsの採用を検討する企業にとって、先述した他社製品のような機能を利用できないのは悩ましいことではあると思う。しかし時代は変わり、働き方も技術も進化している。そこで今度はその進化や変化を前提に、Google Appsが優れていると感じられる点を挙げてみよう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...