2011年10月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ERP Now!【第10回】次世代ERP「Oracle Fusion Apps」から探るERP製品選択の未来

「高くて使いにくい」から「安くて使いやすい」へ――米オラクルが発表した新ERP「Oracle Fusion Applications 11g」はERPのイメージ刷新を狙っている。同ERPの機能を紹介し、次世代ERPを選ぶ上でのポイントを探る。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

ERPをゼロから開発する意味

 米オラクルは米国サンフランシスコで10月2〜6日に開催された「Oracle OpenWorld 2011」で、次世代ERPパッケージ「Oracle Fusion Applications 11g」(以下、Fusion Apps)の提供開始を発表しました。Fusion Appsは6年かけて開発されたERPで、今後国内でも順次提供が開始される予定です。今回のERP Now!ではこのFusion Appsを通して、次世代ERPを選ぶ上でのポイントを探ってみます。

 企業の基幹業務を支えるERPパッケージが利用されるようになって20年以上がたちます。既に2代目、3代目のERPが稼働しているという企業も多いことでしょう。その時代にオラクルがERPをゼロから開発したことの意味とは何だったのでしょうか。キーワードは「低コスト」「包括性」「使いやすさ」です。

 企業はERPについて「高くて使いづらい」という見方をしています(参考記事:クラウドERPの普及はいつ? ガートナーが示す次世代ERPの浸透時期)。特にコストについてはライセンスコストの他に、運用管理の保守コストやアップグレードコストが掛かり、評判はよくありません。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...