2011年10月27日 09時00分 UPDATE
特集/連載

どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第2回】代表的な4つのPaaSを比較、使いやすいものはどれだ?

企業利用の視点に立って代表的なPaaS(Amazon EC2、Google App Engine、Force.com、Windows Azure)の機能やサービスを比較した。

[中山貴禎,ネットエージェント]

 前回の「今さら聞けない! クラウドサービスの違い」では、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)といった各種クラウドサービスの違いについて解説した。今回はPaaSの代表的なサービスを比較する。

 PaaSは各種クラウドサービスの中でも話題性や注目度が非常に高い。サービス提供側にも盛り上がりが見られ、多数のサービスが展開されている。有名どころとしては、Amazon Web Services(AWS)のAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)、GoogleのGoogle App Engine(GAE)、salesforce.comのForce.comプラットフォーム(Force.com)、MicrosoftのWindows Azure Platformが代表的だろうか。以下、それぞれの利用開始までの最低日数やサービス概要について紹介する。

極小規模から大規模まで。PaaSの中でも自由度が高いAmazon EC2

 AWSはクラウド市場を開拓した企業であり、PaaSにおいてもパイオニア的存在だ。AWSが提供しているサービス内容は非常に幅広い(参考:同社Webページのサービス一覧)。当初は欧米を中心にデータセンターを展開していたため日本企業にとって導入のハードルが高かった。だが2011年3月に東京にデータセンターが設立されたこともあって、サポートやネットワーク遅延などへの不安が軽減され、利用しやすいサービスとなった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...