2011年10月31日 09時00分 UPDATE
特集/連載

“閲覧のみ許可するFacebook”を実現Facebookの業務利用に必要なWANセキュリティ対策とは?

Facebookなどのソーシャルメディアへの投稿内容をいかに管理するかが企業の課題になりつつある。そうした状況を受け、 “閲覧のみ可能なFacebook”を実現するセキュリティ製品が登場してきた。

[Jessica Scarpati,TechTarget]

 ビジネスにおけるソーシャルメディアの活用やSaaS(Software as a Service)の利用は急速に進む。支社のネットワーク回線を専用回線から一般的なブロードバンドに切り替える企業もある。こうした動きが進むにつれて、WANのセキュリティに求められる要件に変化が現れ始めている。

 「WANの概念が変わりつつある」と、米調査会社Enterprise Strategy Groupの上級主席アナリストであるジョン・オルトシク氏は指摘する。「WANはもはや単に自社のデータセンターにアクセスするためのプライベートな専用回線ではない。自社データセンターに加えてWebサイトやSaaSに接続し、セキュリティ管理機能を兼ね備えたパブリックな接続環境になりつつある」(オルトシク氏)

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...