2011年11月07日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Office 2010導入の問題とその解決方法【第4回】Office 2010への移行に十分な検討とテスト時間が必要なわけ

これまでの連載では、Office 2010における主にユーザーインタフェースの変更で不便になったと感じられる点を挙げてきた。今回は視点を変えて、ユーザートレーニングや導入上の問題を見ていこう。

[Gary Olsen,TechTarget]

 Microsoft Office(以下、Office)にまつわる筆者の実体験を交えつつ、最新バージョンであるOffice 2010を導入する際の注意点を解説する本連載。第1回「絶えず変更されるUI、それでもOffice 2010に移行しますか?」ではOffice 2010のユーザーインタフェースの問題を取り上げた。続く第2回「Office 2010への移行におけるExcel 2010、Word 2010の注意点」と第3回「Office 2010への移行におけるOutlook 2010の注意点」では、ExcelWordOutlookについて取り上げた。

 本稿では若干視点を変えて、ユーザートレーニング、導入上の問題、修正が必要な問題について見て行く。

関連ホワイトペーパー

Office 2007 | Office | Outlook | Word | Excel | Microsoft(マイクロソフト) | バグ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。