2011年11月18日 18時30分 UPDATE
特集/連載

双方が目指す「欧米的」「中国的」スマートデバイス市場で生じた欧米/中国企業の奇妙な変化

中国市場の覇権をめぐって争う欧米企業と中国企業。奇妙なことに、両者の戦略にはねじれ現象が生じている。

[Dragan Petric,TechTarget]

 中国は巨大でありながらいまだ開発途上の市場であり、大きな成長と利益が見込めるという見方で欧州と米国は一致している。同国はまた、比較的安価な労働力と生産力を頼りに積極的な競争展開が可能な国でもある。それが時には電子製品の品質低下を招く要因になることはあるが。

 新技術の市場では、次から次へと資金が中国に流れ込んでいる。だが欧米の企業は、この国から最新かつ質の高い端末の販売による利益を十分に引き出すことができていない。そこに中国で急成長する企業が自国の市場を制覇する余地がある。

 スマートフォンタブレット端末の業界では、急浮上してきたHuawei(華為技術)の成功は周知の事実だ。同社はモバイルネットワーク構築用に安価ながら高品質の機器を製造している他、スマートフォンやタブレット端末も低コストで品質を向上させている。中国のZTEさえも同様の道をたどりつつある。

華為技術は「中国製品の信頼性」を変えるか?

 私は中国へ10日間の出張に出掛け、通信企業を幾つか訪問して同国のスマートフォン市場について調査する予定だ。華為技術やZTEの本社がある同国南部の大都市、深センも訪れ、華為技術の研究施設や製造ラインを見学する予定だ。同社の担当者は、中国の経済情勢の下、そして欧米や東アジアなど先進国の情勢の下で、市場の課題に対応する同社の態勢が万全であることを私に納得させようとするだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...