2011年11月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違い【前編】導入しても管理が難しい、プライベートクラウドの利点と制約

既存のIT資産を生かしてオンデマンドや自動化といったクラウドの利点を享受できるプライベートクラウド。前編では、プライベートクラウドの具体的な利点や制約を検証する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 本稿は、パブリックおよびプライベートクラウドに関する連載の前編だ。後編は「パブリッククラウドサービスの利点と欠点」について解説する。

 プライベートクラウドは、プロバイダーが提供する専用あるいはリース方式のホステッドファシリティの場合もあるが、ほとんどのプライベートクラウドは既存のデータセンターをユーティリティベースのコンピューティングアーキテクチャに転換したものだ。それらは従来と同じように自社で所有し、保守、管理する。もちろん、クラウドへの移行を成功させることは容易でもなければシンプルでもない。だが、IT担当者が直面する最大のチャレンジは、クラウドアーキテクチャをプライベートにするか、あるいはパブリックかするかの選択だろう。決断を下す前に、本稿を参考にしてプライベートクラウドの具体的な利点や制約を検証してみよう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。