2011年12月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ERP Now!【第12回】SAP ERP 6.0を2020年まで使い続けられる理由

ERPは定期的にアップグレードするという常識が変わりつつある。SAP ERPは2020年までの長期間のサポートを提供することで現行バージョンを使い続けられるようにした。その理由を探る。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

混乱なく新しい価値を利用可能に

 SAPジャパンは11月17日、主力のERPパッケージ「SAP Business Suite 7」についてその標準保守契約を2015年から2020年に延長すると発表しました。簡単にいうと2020年まではSAP Business Suite 7をアップグレードせずに使い続けることができるということです。SAPジャパンはなぜそのような決定をしたのでしょうか。今回の「ERP Now!」ではSAPジャパンへの取材を通して、SAP ERPのアップグレードを考えましょう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...