2011年12月07日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWSデータ重複排除も可能なVMware環境用データ保護の最新版 Quest

VMware環境におけるデータ保護機能を提供するソフトの最新版を発表。vSphere 5への対応やデータ重複排除などの機能が追加された。

[TechTargetジャパン]

 日本クエスト・ソフトウェア(以下、Quest)は12月6日、VMware環境専用のデータ保護ソフトウェアの最新版「vRanger 5.3」(以下、vRanger)を発表した。2012年1月に出荷を開始する。

 vRangerは、VMware環境におけるバックアップレプリケーション、リカバリなどのデータ保護機能を提供する。今回のバージョンではVMware vSphere 5に対応し、vStorage APIとStorage vMotionをサポートすることでSAN(Storage Area Network)上のVMFS5データも保護する。また、バックアップデータの保存先として新たに同社のディスクバックアップソフト「Quest NetVault SmartDisk」を利用できる。これにより、NetVault SmartDiskのデータ重複排除機能を利用したバックアップデータ容量の削減が可能になった。同社が実施した検証によると、vRangerとNetVault SmartDiskの組み合わせで、最大50分の1までデータ量を削減できたという。

 さらに、Microsoft SharePoint用バックアップソフト「Quest Recovery Manager for SharePoint」と連携することで、アイテム単位などより詳細な粒度でMicrosoft SharePointのリカバリを実施できるようになった。同社によると、2012年にはMicrosoft Exchange用バックアップソフト「Recovery Manager for Exchange」との統合も予定しており、アイテム単位でのリカバリも可能になるという。

 vRanger 5.3の標準価格は、vRanger SEエディションが9万8000円、vRanger Proエディションが14万8000円(VMware ESXサーバのCPUソケット単位、初年度の保守サポート込み)。また、同社のWebサイトから30日間無償の評価版をダウンロード可能。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...