2011年12月21日 13時00分 UPDATE
ニュース

NEWSオールSSD構成のOLTP処理向けストレージ EMCジャパン

基幹システムの高速なOLTP処理を想定し、全てSSDで構成されるストレージ製品を販売開始。併せて高密度ドライブシャーシの提供も開始した。

[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは12月20日、OLTP処理向けストレージ新製品「EMC VNX5500-F」(以下、VNX5500-F)の販売を開始した。全てソリッドステートドライブ(SSD)で構成されるモデルで、同社のユニファイドストレージ製品群「VNX」シリーズにラインアップされる。

photo VNX5500-F

 VNX5500-Fは、基幹系システムにおけるOracle DatabaseMicrosoft SQL ServerなどのOLTP環境で求められる要件に対応するよう設計されたストレージ。100Gバイトまたは200GバイトのSSDを25〜250基まで搭載可能。

 VNX5500-Fの処理性能についてEMCは、SSDを含まないHDDのみで構成されたVNXとの比較結果を発表している。それによると、Oracle DatabaseのOLTP環境ではVNX5500-Fが10倍の処理性能を実現するという。また、VNX5500-Fはローカルおよびリモートでのデータ保護やアプリケーション保護、セキュリティ、コンプライアンス機能など既存のVNXシリーズの機能を搭載している。

 EMCジャパンは同時に、VNXシリーズの高密度ドライブシャーシの提供も併せて開始した。このシャーシは4U当たり60基のドライブを搭載でき、SSDやSAS、ニアラインSASドライブなどを搭載する。同社によると、このシャーシと3TバイトのニアラインSASドライブを組み合わせた場合、フロアタイル当たり1.6P(ペタ)バイトの情報を保存でき、データ保存に必要な設置面積を最大60%削減できるという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

LINEアカウントを各企業サイトと連携、フィードフォースが「Next ID Alliance」を発表
フィードフォースは、より最適なワンツーワンコミュニケーションを実現できる世界を目指...

news068.jpg

LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発
日本経済社とジーニーは、ジーニーのMAツール「MAJIN」とLINEを連携させた新たなMAツール...

news012.jpg

データを価値に変える方法とは? ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に話を聞く
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案す...