2011年12月21日 13時49分 UPDATE
ニュース

NEWS:iPadでも寸法・属性情報が確認可能に――iXVL Publisher Ver1.0

iPad上で3次元図面の寸法や属性情報が参照可能になった。製造現場や保守の場面で、iPad端末の可能性が広がる。

[TechTargetジャパン]

 ラティス・テクノロジーは2012年1月10日から、iPad向けにも3次元モデル表示用データが発行できるツール「iXVL Publisher Ver1.0」を販売する。

 XVL Publisherは、無償の3次元図面ビュワー「XVL View」やiPad用のiXVL View向けに3次元図面を出力するアプリケーション。Windows環境で動作する。

 現在同社が提供しているiPad向けXVLデータ表示アプリケーション「iXVL View」でも3次元形状の表示が可能だったが、属性情報の表示には非対応だった。今回発表されたiXVL Publisher Ver1.0を使って出力したデータを利用すると、3次元CAD図面が持つ構成情報、断面や寸法の情報、加工情報などといった図面に付随する属性情報を表示できる。同社では2012年3月まで特別価格として150万円(ライセンス料金)で提供するとしている。

 これに併せて、同社ではiXVL Publisherで出力したデータを閲覧するためのWindows環境向けの無償ビュワー「XVL Player」を無償ダウンロード提供する他、iPad向けのビュワー「iXVL Player」もApp Store経由で無償配布する予定だ。

構成ツリー表示 構成ツリー表示
寸法が表示されている 寸法が表示されている
属性情報を表示したところ 属性情報を表示したところ

関連ホワイトペーパー

iPad | CAD | PLM


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...