2012年01月18日 14時00分 UPDATE
ニュース

NEWS最大6Tバイトまでのデータを遠隔バックアップ 大塚商会が新サービス

大塚商会が自社のファイルサーバ製品と自社データセンター間を連携する遠隔バックアップサービスを提供。最大6Tバイトまでのデータのバックアップをインターネット経由で安価に実現する。

[TechTargetジャパン]

 大塚商会は1月16日、遠隔バックアップサービス「TWIN NASリモートバックアップサービス」の提供を開始した。同社の企業向けファイルサーバ「TWIN NAS」に保存してあるデータを、同社が保有するデータセンターに最大6Tバイトまでバックアップできる。

 このサービスでは、TWIN NASのバックアップ機能を利用して、インターネット経由でデータセンターにバックアップデータを送信する。同社によると、ユーザー企業はデータ転送に必要な転送用サーバを用意するだけで済み、バックアップ先にシステム管理者を置く必要もなく、初期コストが抑えられるという。また、WAN環境などに利用される通常のVPNサービスは使用しないため、その回線費用を抑えられるとしている。

photo TWIN NASリモートバックアップサービスのシステム構成イメージ

 転送時には、転送用サーバとデータセンター間でセキュリティを確保したデータ転送を行う。バックアップデータは1日1回夜間にデータセンターへ転送され、世代管理も行われる。TWIN NAS側で誤って消去や変更してしまったファイルでも、バックアップ取得日から30日以内であればリストアが可能。

 転送用サーバの初期費用はタワー型が54万円から、ラック型が64万円から。データセンターの利用料金は、最大データ転送容量ごとに以下の4つのプランが用意されている。

TWIN NASリモートバックアップサービス
TWIN NASリモートバックアップサービス 月額利用金額(税別)
TWIN NAS 1Tバイトパック版 6万円
TWIN NAS 2Tバイトパック版 9万円
TWIN NAS 3Tバイトパック版 12万円
TWIN NAS 6Tバイトパック版 18万円

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...