Loading
2012年05月24日 00時00分 UPDATE
PR

CTCSPが提供する仮想化環境の統合運用管理サービス「仮想化運用の思わぬ落とし穴」からの脱出へ

サーバ仮想化が導入企業にもたらすメリットは数多い。しかし、仮想化特有の運用上の課題が浮かび上がり、担当者はその解決に頭を悩ませている。解決策とは?

[ITmedia]

 「仮想化」というキーワードが注目を集めてから久しい。現在、多くの企業で仮想化の導入が進み、本格的な実用段階に入っている。導入企業は仮想化によって、さまざまなメリットを享受することを期待している。しかし、その一方で、仮想化を導入した企業の多くが「仮想化運用の思わぬ落とし穴」に陥っているのをご存じだろうか。

 例えば、「仮想化特有の制限によって運用が縛られる」「思ったほど運用負荷が軽減されない」「サーバ台数は減っても、ハードウェアコストが削減されない」「リソースを有効活用しているのにパフォーマンスが上がらない」という声が現場から聞こえてくる。これこそが、仮想化運用における落とし穴である。

 そして企業の担当者の多くが、こうした状況から抜け出すための解決策を模索している。そんな中、仮想化環境を統合的に管理できるベストプラクティスに注目が集まっている。

提供:シーティーシー・エスピー株式会社、日本クエスト・ソフトウェア株式会社

提供:シーティーシー・エスピー株式会社、日本クエスト・ソフトウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部