2012年01月20日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsメモリ管理の勘所(前編)32/64ビットWindowsのメモリ割り当てと仮想アドレス空間

OSの機能の中でも特に複雑なのがメモリ管理だ。前編では、32ビットと64ビットのWindowsにおけるメモリ割り当ての仕組みについて解説する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 Windows管理者であれば、例外なく、クライアントPCのパフォーマンスについてユーザーから寄せられた苦情に対応しなければならない。クライアントPCのパフォーマンスは、メモリ、CPU、ディスク、ネットワークなどの要素に影響を受ける。これらの要素のうち、最も管理しづらいのはメモリだが、情報に基づく判断(インフォームドデシジョン)とトラブルシューティングのためにはメモリ管理を理解する必要がある。

 ユーザーは通常、メモリを追加すればパフォーマンスボトルネックが解消されると思っている。また、メモリは比較的安く、手間も掛けずに追加できる。しかし、メモリを追加したところで、本当にパフォーマンスは改善されるのだろうか? 本稿では、メモリ管理の勘所を分かりやすく解説する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...