2012年01月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

導入時にやっておくべきHyper-Vの設定Hyper-V仮想環境をサイバー攻撃から守る4つのポイント

仮想環境を狙ったサイバー攻撃にどう対処すべきか。本稿はHyper-Vに絞り、セキュリティ強化のために考慮すべきポイントを解説する。

[Eric Beehler,TechTarget]

 情報セキュリティを巡っては、ベンダーが自分たちのためを思ってくれていると考える人もいれば、もっと悲観的な考えの人もいる。仮想環境については、潜在的な攻撃面のレイヤーがさらに増えるという事実にIT担当者が向き合わなければならない。

 最大の敵はユーザー自身かもしれない。マルウェア業界が既知のエクスプロイトを頼みにしているのは事実だが、最も横行しているマルウェア攻撃では一般的に、ユーザーが自らの操作で自分のセキュリティを破ってしまう。仮想環境の管理者であるわれわれは、安全とはいえない設定によって、そうした行為を容認してしまっているかもしれない。

ハイパーバイザー攻撃の実態

 仮想マシン(VM)のハッキングはコンセプトにすぎないと考えているのなら、2009年に発覚したVMware脱出攻撃に目を向けてほしい。この攻撃ではVMあるいはゲストマシンの攻撃者が、その仮想インスタンスに設定された境界から抜け出し、ホストマシンを制御した。この問題はすぐに修正されたが、エクスプロイトは今でも出回っている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...