2012年02月01日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の知りたいにベンダーが答える!転換期を迎えた企業ネットワーク 今後の展望を占う

仮想化やクラウド、スマートモバイルなど、企業ネットワークに求められる要件は多様化している。転換期を迎えた企業ネットワーク、その構築・運用に必要なこととは何か? 読者調査から必須条件が見えてきた。

[ITmedia]

ネットワークの運用管理に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2011年10、11月に、企業ネットワークの運用・管理に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:機器の増加に伴うネットワーク構成の複雑化

課題2:事業継続計画および災害復旧体制が不十分

課題3:IPアドレス管理の手間


注目コンテンツ

セイコープレシジョン「Netwiserシリーズ ロードバランサ」

低価格ながら納得の機能を搭載 国産ロードバランサーの実力を見る

安定的なサービス提供に欠かせないロードバランサー。しかし、ユーザー企業からは高コストなロードバランサーに悩む声が聞こえてくる。国産メーカーのロードバランサーがその悩みを解決する。


注目ホワイトペーパー

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

仮想化/クラウドでなぜネットワークは変わらなければならないのか? 〜担当者のための成熟度診断テスト付き

5年後のデータセンターはどうなるのか? 本リポートでは、仮想化/クラウドへと向かうデータセンターにおける従来のネットワークの課題と、新たなアーキテクチャとして注目されるイーサネットファブリックの定義&技術要件を解説。今すぐ使える仮想化成熟度診断テストも。


読者調査結果リポート

企業ネットワークの運用・管理に関する調査リポート

60.9%が無線環境を構築 読者調査が示す企業ネットワークの今

2011年10、11月に実施した会員調査によって、企業ネットワークにおける無線環境やモバイル端末の導入状況、運用担当者が抱えている課題などが明らかになった。