Loading
2012年02月06日 16時30分 UPDATE
PR

社内システムに安全かつ安価にアクセススマートフォンの2大課題、セキュリティとコストの壁を破る特効薬

スマートフォンやタブレットの企業利用で業務効率を向上する際の壁となるのがセキュリティとコストだ。この2つの課題を手軽に解決できるサービスが存在する。

[ITmedia]

 スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスで場所や時間を問わずに社内リソースを活用できれば、顧客対応の迅速化や顧客満足度の向上を実現することができる。特に外回りが多い営業部門はその恩恵が大きい。TechTargetジャパンが2011年6月に実施したスマートデバイス読者調査の結果でも、スマートデバイスを利用したいと考える部門で最多の票を獲得したのが「営業部門」(52.5%)だった。

 営業業務における利活用への期待の高さは、スマートデバイスの導入で期待する効果に関する回答からも分かる。読者調査では期待する効果として「顧客への迅速な対応」(58.3%)と回答した人が最も多く、「営業日報の作成」や「顧客情報管理」が続いた。

 一方で、スマートデバイスの活用を阻む要素も存在することが読者調査から明らかになっている。「費用対効果が明確でない」(53.4%)や「紛失・盗難による情報漏えいが不安」(49.3%)など、コストとセキュリティの課題に阻まれてスマートデバイスの導入を見合わせるユーザー企業は少なくないのが現状だ。

 コストやセキュリティの課題を解決してスマートデバイスを積極的に活用し、業務効率の向上を実現したい。そんなユーザー企業に最適なモバイルソリューションが存在する。

提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ

提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部