2012年02月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

プライベートクラウド構築で役立つサードパーティー製品【後編】サーバ仮想化でストレージ使用量が3割増! ストレージ効率化ツール6選

サーバ仮想化やクラウドによって、必要とされるストレージの量は大幅に増える。クラウド環境におけるストレージのニーズを満たすために、効果的なストレージ利用を支援するツールを紹介する。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 前編「プライベートクラウドのエンドユーザー活用とセキュリティ対策」では、プライベートクラウドの構築で欠かせないセルフサービスポータルと、クラウド専用のセキュリティ対策製品を紹介した。後編では、クラウド環境におけるストレージ課題を解決する6つのツールを紹介する。

クラウドストレージのコントロール維持

 サーバ仮想化はIT経費の削減とサーバ利用の向上につながる半面、その普及によって必要とされるストレージの量も増大している。サーバ仮想化で浮いた経費がストレージのために使われていることもある。

 仮想サーバが使うディスクスペースは物理サーバに比べて最大で30%増大することもある。仮想サーバ管理の不備に起因するVMスプロールのために、データバックアップと災害復旧戦略の見直しを強いられた企業も多い。

 クラウドのような仮想サーバ環境に必要な追加のストレージに対処するために、ストレージデバイスのアップグレードが必要になったという企業もある。また、出張経費管理製品を手掛ける米Concur Technologiesなどの企業では、パフォーマンス問題の解決のためにストレージをSerial ATAからIntegrated Drive Electronics(IDE)へと1ランク上げただけでなく、データ重複排除機能を利用した。

 プライベートクラウド内の仮想サーバ構築が一般的になり、IT部門がモバイル端末をサポートするようになると、必要とされるストレージの量は大幅に増える。ここからストレージ仮想化、データ重複排除、シンプロビジョニングに本気で取り組む必要が生じ、データのバックアップについても再考を迫られる。

 仮想環境で生じたストレージ問題に対処するには幾つかの選択肢がある。ストレージ仮想化、データ重複排除、シンプロビジョニングといった技術では、クラウド環境におけるストレージのニーズを最適化できる。複数のベンダーが、クラウド環境のストレージ利用増大に対応して以下のようなツールを提供している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...