2012年02月22日 13時00分 UPDATE
ニュース

NEWS最速10分で納品可能な「専用サーバ」を提供、さくらインターネット

さくらインターネットが専用サーバの新サービス「さくらの専用サーバ」を発表。最速10分納品で複数台構成も可能で、物理サーバの性能とクラウドの使い勝手を兼ね備えたサービスとして提供する。

[TechTargetジャパン]

 さくらインターネットは2月21日、専用サーバの新サービス「さくらの専用サーバ」を発表した。2011年11月に開所した同社の石狩データセンターを基盤にした「さくらのクラウド」に続くサービスとして、利用企業に専用のサーバ機器とネットワーク回線を提供する。

 さくらの専用サーバは最速10分納品が可能な「エクスプレスシリーズ」と、CPUやメモリ、ストレージなどをカスタマイズ可能なBTOタイプの「フレックスシリーズ」の2種類が用意されている。2月29日に提供を開始する。

 エクスプレスシリーズは「HP ProLiant DL2000」を採用し、CPUは最大8コア、メモリも最大64Gバイトまでの構成が可能。また、月額利用料が9800円から(4コアのCPUと16Gバイトのメモリ、1Tバイトのミラーリング構成HDDの場合)で、インターネット接続回線は100Mbpsの共有回線を標準で提供し、有償オプションとして帯域保証回線やギガbps回線へのアップグレードも可能。

photophoto エクスプレスシリーズ(左)とフレックスシリーズ(右)の提供形態《クリックで拡大》

 フレックスシリーズは「DELL PowerEdge R510」を採用し、CPUは最大12コア、メモリは64Gバイト、最大12基のストレージを搭載可能。CPUやメモリ、内蔵ストレージは用途に応じて自由に選択できる点が特徴。両シリーズとも内蔵ストレージにSSD(ソリッドステートドライブ)を選択でき、フレックスシリーズはFusion-io「ioDrive」も利用可能。

 同社によると、従来の専用サーバは申し込みから利用開始まで日数を要し、サーバ増設時にはOSインストールやサーバ再起動は事業者に依頼するサービスが一般的だったという。一方、今回の専用サーバは申し込みから利用開始までが最速10分、OSインストールやサーバの再起動をリモートのコントロールパネルから実施可能。また、台数上限のないサーバ増設、RAID構成の設定などもできる。

photo コントロールパネル画面。今回から単一の画面で複数台の管理が可能になった

 また、サーバ管理機能の標準規格「IPMI(Intelligent Platform Management Interface)」を採用したサーバ管理ツールを提供。各種ハードウェアの情報取得や監視、コンソール画面へのアクセスなどをリモートで実施できる。

photo IPMI機能を利用できるサーバ管理ツール
photo 2つのサービスの連携イメージ

 さくらインターネットは物理と仮想のリソースを一元的に管理でき、APIを介してコントロールできる「プログラマブルデータセンター構想」を掲げており、さくらのクラウドとさくらの専用サーバの2つのサービスをその基盤に位置付けている。同社は両サービスのネットワークを透過的に接続可能な「サービス間L2接続」(VLAN ID変換)の2012年4月以降に提供する予定。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...