2012年03月26日 00時00分 UPDATE
info Center

スピーディなビジネス展開を可能に事例で見る、グローバル経営を実現する「クラウドERP」

スピーディなビジネス展開には初期導入費を抑えて迅速に展開できる「クラウドERP」が有効だ。海外拠点の業務の“見える化”や、国内外での事業立ち上げなどクラウドERPで実現したグローバル経営の事例を紹介する。

[ITmedia]

注目のホワイトペーパー

株式会社富士通マーケティング

トムソン・ロイターがクラウドERPを選んだ理由

個別最適で導入されたシステムの連携をどうするか。トムソン・ロイターが選んだのはクラウドERP導入による全体最適だった。同社の導入担当者が製品選択のポイントや導入効果を説明する。


株式会社アイネット

導入企業が語るクラウドERPの本当のメリットと課題

クラウドERPは定型業務だけに利用できる単純なアプリケーション――こういう誤解を払拭する格好の導入事例を紹介する。


日本電気株式会社

クラウドERPで「Two-tier ERP」を実現するためのキーポイント

グローバル企業にとって理想のERP運用形態ともいえる「Two-Tier ERP」(2層ERP)。これを実現するクラウドERPが登場した。基幹ERPとの連携機能と併せて紹介する。


関連記事

NetSuite導入事例

サントリー、ロイター、ピーチがクラウドERPを選んだ理由

著名企業のクラウドERP採用が相次いでいる。オンプレミスERPと比較して割安な初期投資や運用管理のコストだけでなく、クラウドERPならではのフレキシブルな運用に魅力を感じる企業が増えているようだ。


クラウドERP製品カタログ

クラウドERPの先駆け「NetSuite」が探る次の成長機会

低コストな基幹システム構築、海外進出という2つのトレンドがクラウドERPの普及を後押ししている。クラウドERPで老舗といえるNetSuiteは日本企業のIT投資への考え方の変化を捉えて、成長機会を探る。