Loading
2012年04月05日 00時00分 UPDATE
PR

最新技術と専門知識をグローバルで駆使133カ国4000社のセキュリティ機器を監視、世界9拠点で提供するサービスの舞台裏

セキュリティ対策を効率化したい。脅威を確実に防ぎたい。こうしたニーズに、世界9拠点のセキュリティオペレーションセンターで応えるセキュリティサービスがある。

[ITmedia]

 標的型攻撃の脅威は、企業規模に関係なく忍び寄る。攻撃者は大企業をターゲットにしている場合でも、不正侵入するための調査活動の一環として、まず関連企業に攻撃を仕掛けるケースも多いからだ。こうした背景に危機感を持った企業が今、セキュリティ機器の監視や攻撃の分析などをサービスとして提供する「マネージドセキュリティサービス」に注目し始めている。

 高度化するサイバー攻撃に備えたい。こうしたニーズに世界規模の監視体制で応えるマネージドセキュリティサービスと、その運用を支えるセキュリティオペレーションセンター(SOC)について詳しく見ていこう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部