2012年04月13日 18時44分 UPDATE
ニュース

NEWS:こんなツメ、以前作ったけどどこにある? が分かるCAD図面検索技術が登場

「図面流用したいけれど、検索機能が不十分で使えない……」という問題を解消すべく、富士通研究所など2社がCAD図面の一部形状の類似性を評価できる仕組みを開発した。検索時間短縮でモノづくりは面白くなる?

[TechTargetジャパン]

 富士通研究所および富士通研究開発中心有限公司は2012年4月12日、3次元CAD図面の一部で形状が類似したものを検索できる技術を開発したと発表した。2012年度中に富士通のPDM製品「PLEMIA」に搭載予定だという。

 設計部門では、実際の図面作成よりも、過去の類似図面検索に多くの時間が割かれる。新たに図面を作成するよりも過去の図面を流用した方が、品質や原価の検証が容易になることから、工数削減、開発リードタイム削減が見込める。

 図面の検索は部品番号や関連ドキュメントからのテキスト検索、ジオメトリ情報検索など、多様な方法があるが、現場設計者のニーズに十分に応えられていないものも少なくない。

 類似形状検索においても、図面全体の形状を比較して類似性を評価するものはあったが、同技術では一部を切り出して類似性を評価する仕組みを開発した。

 突起形状の情報などの特徴的な部分モデルごとに図面を自動分割し、分割した部分モデルの向きや大きさ、位置情報が異なっていても、特徴的な部分の形状が類似していれば検索結果に反映される。

部分形状検索の仕組み 部分形状検索の仕組み あらかじめ図面を形状ごとに分割して保持する(提供:富士通研究所)

 両社によると、1万のCADモデルを約10万の部分モデルに分割した環境で、部分類似検索を実施する実験では約3秒で結果を得られたという。

関連ホワイトペーパー

検索 | 富士通 | CAD | PLM


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...