Loading
2012年04月20日 12時00分 UPDATE
PR

デルの最新世代サーバとVMwareテクノロジーの融合で新たな価値を創出企業の成長基盤になる仮想インフラ――戦略的な投資がその最適化を実現する

仮想環境を導入するとシステムが複雑になり運用負荷が増大し、導入効果を生かせない場合がある。さらなる成長を目指す企業は、現状の課題解決と今後のビジネス展開に見合うインフラの構築を進めている。

[ITmedia]

 企業の規模を問わず、多くのシステムで仮想化や集約化が進められている。ビジネスの拡張に伴うITへの要求が高まっていることが背景にある。また、BCP(事業継続計画)/DR(災害復旧)などを見据え、ストレージやネットワークまでを含めた「仮想化基盤の構築」へと向かいつつある。さらに「クラウド」「ビッグデータとBI(ビジネスインテリジェンス)」という新たな潮流も出てきた。

 普及が進む仮想環境では新たな課題が浮上している。それは「運用管理負荷の増大」だ。仮想環境を導入したものの物理サーバから仮想マシン、ストレージ、ネットワーク機器などの多岐にわたる構成要素とサイロ化したワークロード運用により、システムが複雑になり硬直化してしまう。その運用管理に頭を悩ませている担当者は多い。

 今後の企業成長を左右するシステム構築の鍵は、仮想環境の導入だけでなくそれを効率的に運用管理する点にある。そうした中、仮想インフラへの投資対効果を最大化するベストプラクティスともいえるx86サーバ新製品が登場した。VMwareの仮想化テクノロジーに最適化され、大幅な性能向上および運用管理性が強化されたサーバの詳細と、デルとヴイエムウェアとの組み合わせがもたらす新しい価値を紹介しよう。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部