Loading
2012年05月14日 00時00分 UPDATE
PR

「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」注目リポートビッグデータ、クラウド戦略を加速させるシステム、その最前線は

企業が対応を迫られるビッグデータとクラウド環境。効率的、低コストに対応するためにはITプラットフォームの再検討が必要だ。「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」の注目セッションからそのヒントを探る。

[ITmedia]

 2012年4月、都内で開催された「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」のゼネラルセッション「ビッグデータ&クラウド時代を勝ち抜くITプラットフォーム戦略」では、米オラクルのエグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・ファウラー氏を案内役に、同社のクラウド戦略を支える主力製品群が紹介された。

 紹介されたのは、T4新プロセッサ搭載の「SPARC SuperCluster」など、ミッションクリティカルなエンタープライズ環境に向けて設計されたOracle Engineered Systemsの導入メリットだ。注目セッションの内容を振り返ろう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部