2012年05月09日 00時00分 UPDATE
info Center

ソフトウェア投資のROI改善を考える「攻めの投資」へと進化するソフトウェア開発の現場

ソフトウェア開発の現場では長らく「コスト削減」が重要なテーマだった。しかし昨今、「競争力強化」「開発生産性の向上」といったテーマの重要度が増している。その解決のためのヒントとなるコンテンツを集めた。

[ITmedia]

新着ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

単なる成果物管理ではない、生産性や競争力に優れた製品・サービス開発を実現するためのCLMとは?

常に追求され続ける「生産性の向上」。多くの企業の製品開発の現場でさまざまな施策を既に実行しているが、「もうこれ以上、やりようがない」と感じることも多いのではないだろうか。


日本アイ・ビー・エム株式会社

企業レベルでのアジャイル開発を意識した、ハイブリッド型ソフトウェア開発フレームワーク

数多くの開発現場で鍛え上げられたアジャイルプラクティスの知見と、ラショナル統一プロセス(RUP)の経験知を統合。プロジェクトライフサイクル全般をカバーする、アジャイルプラクティス体系とは。


日本アイ・ビー・エム株式会社

ビジネスを成功に導く、ソフトウェア品質のための6つの戦略

品質管理の自動化は、チームが製品品質向上、コスト削減、デリバリーの短期化を図るための方法の1つだ。品質管理の自動化の利点、その導入の発展、および将来におけるその拡大の機会について検討する。


日本アイ・ビー・エム株式会社

ソフトウェア投資の投資対効果(ROI)を向上させる5つのヒント

ソフトウェア投資に関する投資対効果(ROI)を改善するために、IBMが推奨する5つのヒントを紹介。