2012年05月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

プライベートクラウド導入のベストプラクティスエンドユーザーに嫌われないプライベートクラウド導入

プライベートクラウドの導入において、ハイパーバイザーやハード/ソフト、WANや帯域幅技術の適切な選択など、幾つか共通するベストプラクティスを紹介する。特に気を付けたいのは、エンドユーザーの評価だ。

[Bill Kleyman,TechTarget]

 クラウドコンピューティングの流行に乗るときが来た。だが、多くの組織にとって、それはIT環境と物理リソースの保守が不可欠であることを意味する。企業がデータセンターをパブリッククラウドに移行しようとしても、しばしば法令や規制がそれを阻む。そのためハードウェアをローカルで管理し、エンドユーザーアクセスインフラをリモートに置くプライベートクラウドが、次の論理的ステップとなるのだ。

 企業のIT環境は各企業に固有なものだが、プライベートクラウドプロジェクトをプランニングからプロダクションへ移すとき、ハイパーバイザーやハードウェア/ソフトウェア、さらにはWANや帯域幅技術の適切な選択など、幾つか共通するベストプラクティスがある。

ハイパーバイザーの選択とソフトウェアライセンシング

 クラウド技術は仮想化と密接な関係がある。クラウド導入の主な目的は、効率性と機敏性だ。最初に検討すべき技術はハイパーバイザーだが、この技術分野では3社の有力ベンダーがトップ争いを繰り広げている。米VMware米Citrix Systems、そして米Microsoftだ。これがベストといえるハイパーバイザーはない。各製品はほぼ同等の機能セットを持ち、どのハイパーバイザーを選択するのが最適であるかは、クラウドの導入目的による。

 ハイパーバイザーを選択するに当たっては、どのリソースをクラウドで提供するかを決めなければならない。この判断には、ライセンシングとソフトウェアに関する複雑な問題が絡んでくる。

 例えば、Microsoftをベンダーに選んだ場合、自社のユーザーベースに最も適したライセンシングモデルを決定する必要がある。場合によっては、エンタープライズライセンシング契約がベストなオプションになるかもしれない。最適なライセンシングレベルを選択できる経験豊富なクラウドパートナーと手を組もう。

 ハイパーバイザーが決定したら、次はプライベートクラウド構築に向けた幾つかの検討事項をチェックする。

  • アプリケーション仮想化ツール
  • サービス品質ソフトウェアツール
  • モニタリングソフトウェア
  • オペレーティングシステム(OS)
  • レプリケーションソフトウェア
  • その他のビジネス関連ソフトウェアスイーツ

コンテンツ配信方法

 ワークロード配信に関するトピックは、プライベートクラウド立案プロセスの初期段階で検討すべき重要な問題だ。クラウドベースのワークロードをエンドユーザーにどのように配信するか? その質問に対するITチームの回答は、エンドポイント側とプライベートクラウド側に置くハードウェアとソフトウェアの要求リストになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...