2012年05月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【イベントリポート】使えるSaaSが充実していた2012年クラウドEXPO

最大の特徴は「すぐに使える業務アプリのSaaS」が増えていたことだ。ただ、グループウェアやワークフローなど既存業務をクラウドに置き換えたサービスは依然として多い。

[加藤 章,電通国際情報サービス]

 クラウド業界の一大イベント、「第3回 クラウド・コンピューティングEXPO【春】」(以下 クラウドEXPO)が盛況の内に閉幕した。2012年5月9日〜11日の3日間、筆者も東京ビッグサイトに缶詰となり、クラウドに関する関心の高まりを肌で感じたところだ。これで3年連続、出展者と来場者の両方の立場でフルに参加したことになる。過去を振り替えつつ、今回、感じたことを書き下してみたい。

 本連載はこれまでに、パブリッククラウドを使った企業向けシステム構築について解説してきた。この記事も「パブリッククラウド」「企業向けシステム」に重点を置いて筆を進める。

出展社数、来場者数ともに微減

 複数のイベントが同時開催されているので厳密ではないが、2011年と比較して出展者数と来場者数は微減していたようだ(出展者数175社、来訪者数9万4000人。主催者のWebサイトから筆者集計)。「通路を歩けないほどの人だかり」は随所で見られたが、頻度や密度は2011年をやや下回っていたのではないか。2日目の悪天候の影響もあったかもしれないが、過去にあった「クラウドへの過剰な期待」が、やや落ち着いてきているのと、日経BP Cloud Daysなど、他のクラウド関連の展示会も定着しつつあり、情報収集の方法が多様化していることも一因と思われる。

 とはいえ、2011年との差は「言われてみれば、そうかな」というレベルのかすかなもので、イベント自体が持つ「熱量」は依然として高い。筆者も、会期中、半分の時間は弊社の商談コーナーで、お客さまの対応に追われていた次第だ。

世界3大クラウドが大激突

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...