2012年05月22日 20時00分 UPDATE
ニュース

ガバナンス、リスク、コンプライアンスデロイト トーマツ、「GRC」の体験ラボを開設

IT製品だけではなく、デロイトが蓄積してきたリスク関連サービスの方法論なども試すことができる。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 デロイト トーマツ リスクサービスは「GRC」(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)に関連するIT製品やサービスを試すことができるネット上の「GRCソリューションラボ」を開設したと5月17日に発表した。IT製品だけではなく、デロイトが蓄積してきたリスク関連サービスの方法論なども試すことができるという。

 同社の代表取締役社長 久保恵一氏はラボの開設について「企業においてリスク管理のカバレッジが広がっている。だが、ツールがないと効率的な対応が難しく、徹底しづらい。そのツールをスムーズに導入するための取り組みだ」と説明した。また、同社 パートナーの丸山満彦氏は、「経営者はリスクやコンプライアンスについてリアルタイムに、さまざまな切り口で知ることが求められている。欧米を中心にGRCソフトウェアの導入が進んでいる」と話した。

ik_tt_01.jpg
ik_tt_02.jpg デロイト トーマツ リスクサービスの代表取締役社長 久保恵一氏(上)と同社 パートナーの丸山満彦氏

 ラボはクラウドインフラの「Amazon Web Services」上に構築されている。利用者は「IBM OpenPages」「RSA Archer eGRC Suite」の2つのGRCソフトウェアを試用可能。デロイトはソフトウェアだけではなく、リスク関連のノウハウや方法論をパッケージした「テンプレート」を用意し、利用者がシナリオを想定して、GRCソフトウェアを試すことができるようにしている。開設時には「ITコンプライアンス対応の効率化」「グローバル製造業向けエンタープライズリスクマネジメント(ERM)」の2つのテンプレートを用意する。

 ラボではクラウド上に利用者が専用の環境を作ることができる。デロイトでは顧客のニーズに応じて、オラクルやトムソン・ロイターなど他社のGRCソフトウェアのラボへの追加も検討するという。同社はGRCソリューションについて2年間で20社への導入を目指す。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...