2012年06月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ストレージネットワーキング技術の最新事情(前)帯域幅のアップグレードに温度差があるファイバーチャネルとイーサネット

新しく仮想データセンターインフラを選択するITアーキテクトの多くが、ファイバーチャネルとイーサネットのどちらを採用するかで悩むようになった。拡張性を考慮すると、果たしてどちらを選ぶべきなのだろうか?

[Carol Sliwa,TechTarget]

 データセンターと仮想サーバの統合を検討している大企業のIT部門は、インフラストラクチャのアップグレードに当たり、最新のストレージネットワーキング技術の導入を考える必要がありそうだ。今回から2回にわたり、Fibre Channel(FC)やイーサネット、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)、そしてInfiniBandなど、データセンターのストレージネットワーキングインフラの最新事情を紹介する。

16Gbps対応で評価が分かれる「Fibre Channel」

 長期的なロードマップには64Gbps FCに言及しているものも少なくないが、現状は32Gbps FCの標準化が進行中であり、2011年末にようやく16Gbps製品の出荷が始まったばかりだ。しかしアナリストたちによると、新しいスイッチやホストバスアダプター(HBA)を購入する場合、IT部門は今後少なくとも2年は8Gbpsに縛られるという。

 米調査会社Dell'Oro Groupは、2011年に出荷されたFibre Channelスイッチポートの89%は8Gbpsだったと指摘する。この調査会社によると、2012年のFCスイッチの出荷も77%が8Gbpsになる見込みだ。2013年には、16Gbps技術の価格がこなれてくるとともに、8Gbpsと16Gbpsが市場シェアを50%ずつ分け合うと予測する。

 もっとも、そうなってもIT部門がすぐに古いスイッチやアダプターの使用をやめるとは限らない。米TechTargetの最近の調査によると、現在、1Gbpsから16Gbpsまで、あらゆるレベルのFC技術が利用されており、現時点で最も広く普及している回線速度は4Gbpsだ。

 既存の機器に製品寿命が近づき、新世代の製品価格が旧世代並みに下がってくると、最新のインフラを導入する顧客は、その時点で最も高速な技術を選択する傾向にある。またアップグレードサイクルをスキップするケースもある。例えばカナダのウェスタンオンタリオ大学などは、現在2Gbpsから一気に8Gbpsへ移行しつつある。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...