Loading
2012年07月09日 00時00分 UPDATE
PR

3つの導入事例から学ぶ仮想化の成功を左右するハードウェア、ソリューション選びのポイント

仮想化を成功させるには、正しいハードウェアとソリューション選び、計画的な導入プロセスが欠かせない。本稿では仮想化に成功した3つの導入事例を通して、仮想化に最適なハードウェア、ソリューションと導入方法を紹介する。

[ITmedia]
aa_dell_intel.gif

 サーバ仮想化をはじめとする仮想化技術は、今やすっかり当たり前のソリューションとして企業ITの世界に根付いたと言えよう。今さら言うまでもなく、サーバ仮想化の導入によるITコスト削減の効果は、極めて大きい。既存の物理サーバを仮想化して集約することで、物理サーバの台数を削減できるとともに、新規にサーバ環境を構築する際の手間やコストも大幅に節約できる。そのためコスト面でのメリットのみならず、ITインフラの拡張性や柔軟性を確保する上でも、仮想化を導入するメリットは大きい。

 しかし一方で、仮想化を導入することで、物理サーバ環境では思いもよらなかった新たな課題が持ち上がることも少なくない。物理サーバを仮想サーバ化する作業は、既存システムの運用に大きな影響を与えるため、言うほどたやすいものではない。また、物理サーバ上に多くの仮想サーバを集約させれば、確かにITリソースの利用効率は上がるものの、これは裏を返せばそれだけリソースが逼迫しやすいということでもある。同じ理由から、ハードウェア障害がもたらす影響の範囲も、物理サーバ環境と比べれば広くなってしまう。

 こうした仮想環境特有の課題をクリアしつつ、その導入メリットを享受するには、単に「仮想化対応」をうたった製品やサービスを取り入れるだけでは不十分だ。そうではなく、これらの課題をあらかじめ先回りしてクリアできるソリューションを、吟味して選択する必要があるだろう。この点において、ワールドワイドで高い実績を持つのが、デルの仮想化ソリューションだ。以降では、実際にデルのソリューションを導入して仮想化の導入に成功した企業の事例を見ながら、失敗しない仮想化導入のポイントを紹介する。

Intel、インテル、インテルロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部